外国為替証拠金取引とは

スポンサーリンク

外国為替

 

外国為替の取引をする人が、最近円高が進んでいることもあり増えています。

外国為替証拠金取引は、為替の変動を利用して効果的な資産運用ができる方法として、多くの人の注目を集めています。

では、外国為替証拠金取引では一体何をするものなのでしょう。

株や先物取引のように、通貨の取引をするのが外国為替証拠金取引です。

為替の変動で収入を得るというものです。

 

 

じかに買い物をするわけではありませんが、外国為替証拠金取引では通貨ペアのそれぞれを売買することで行うものです。

米ドル売り円買いの場合、売りで米ドルを借りて売り、相当する円を買って貸すことになります。

反対の場合には損失が出ますが、カバーするために証拠金を預けるのです。

外国為替証拠金取引では、株や商品取引のように売り注文からの取引も可能です。

 

スポンサーリンク

 

売り注文を利用すれば、円高でも儲けは出せます。

いつ決済してもいいという点が、株や商品取引と違う部分でしょう。

また、売買差益だけでなく、各通貨の金利に基づいて利益が入ることもありますので、通貨選びも大事です。

注意べき点として、外国為替証拠金取引での利益は税金の対象になることがあります。

外国為替証拠金取引の利益には税金がかかることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク