キャッシング過払いの返還請求

スポンサーリンク

クレジットカード

 

すでに借金を完済し終わっている人は、キャッシング過払い返還請求が出来る人です。

ただし返済を7年以上し続けている人も、可能性としては、過払いの返還請求ができるようです。

返済途中で7年以内の人は、可能性としてあるのは、債務金額の減少をすることです。

通常弁護士に依頼しするのがキャッシングの過払い返還請求手続きの方法で、電話や電子メールだけでも進める事が可能となります。

 

 

依頼した日から、通常2ヶ月~半年程度で、指定口座に過払い分の振込が可能となるでしょう。

弁護士への報酬は弁護士事務所によって様々です。

回収が出来なかった時は一切費用がかからない場合もあるようです。

弁護士と司法書士の違いもありますし、この他に訴訟手数料、印紙、切手等の訴訟実費がかかる場合があるでしょう。

依頼した先が司法書士の場合、裁判手続きを行う事も交渉も、請求金額が140万円を超えると出来なくなってしまいます。

司法書士の場合は、キャッシング過払いの計算結果、元金が140万円以上になる時は、手続きをやめるか弁護士に引き継ぐ形になるのです。

 

スポンサーリンク

 

司法書士の場合は140万円以下で処理しなければならないので注意しましょう。

キャッシング会社との取引期間が長ければ長い程、過払い請求可能な場合が多いようです。

あなたのキャッシング履歴を一度確認してみましょう。

キャッシングによる過払い返還請求は法律で守られた権利なので、見直してみることをおすすめします。

スポンサーリンク