残価設定ローンの注意点

スポンサーリンク

新車

 

より安く新車を買いたい場合は、残価設定ローンがおすすめです。

残価設定ローンでは、まず残価を決めてからローンを組むことになりますが、この時に留意しておきたいことがあります。

2年後、3年後の下取り価格を前もってディーラーが決めるのですが、金額が実際の相場より、安いことがよくあります。

残価設定ローンの満期時にディーラーに車を返せば、相場よりも安い金額でディーラーに売却したことになってしまいます。

残価設定ローンで車を手放すときには、あらかじめ他の中古車業者に買取り金額を見積もってもらいましょう。

 

 

設定されている残価より高く買い取ってもらえるのであれば、ディーラーに残価を一括で支払い車を一旦完全購入します。

結果的に、残価と下取り価格との開きが大きいほど、得をすることができるのです。

ディーラーによっては、残価設定ローンを組む時は指定の保険に入るように勧めてくることが多いようです。

 

スポンサーリンク

 

高い自動車保険に入らされる場合がありますので、条件はよく確認しましょう。どのくらい乗ったかだけでなく、何㎞走ったかで残価設定をするローンもあることに気をつけましょう。

あらかじめ取り決めていた期間内の走行距離が極端に長かった場合は、それだけ残価が下がった扱いになることがあります。

車両の返却時には、一定の車両点検査定もあります。残価設定ローンのの場合、規定以上に車が傷んでいた場合も、差額の支払いが発生するので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融
Sideline Mania
スポンサーリンク