子供の教育費のためにローンを利用する

スポンサーリンク

教室

 

子供を大学まで行かせた場合の教育費用は、幼稚園から大学まで全て公立だった場合でも約3千万円かかるといわれています。

公立には行かず、全てを私立高校だったとすれば、倍額がかかるといいますから、家が一軒建ってしまいます。

特に、私立大学の医学部や歯学部などの場合は、かかる教育費用はかなりの高額になります。

 

スポンサーリンク

 

家族の生活費や、他の諸費用を払った上で、教育費まで支払うとなるとなかかな大変です。

思いがけず必要になって教育費用を支払うために、教育ローンを使う人は大勢います。

教育ローンとは、教育のためにお金を借りることです。

教育費といっても、入学金や授業料のほかにも、生活費などかかる費用はたくさんあります。

自宅から通学する事が困難で一人暮らしをした場合の賃貸住宅の家賃の支払いも教育ローンを利用する事が出来ます。

銀行の教育ローンのいいところは、金利が低く、少しずつ時間をかけて返せることです。

 

スポンサーリンク

 

在学中は元金を据え置きする事が出来たり、医学部、歯学部などの場合は、返済期間をさらに延長する事も可能です。

最近は、申込みから審査までをネットからの申込みでできる教育ローンも多くなっており、審査に通ってから必要書類を作成して契約を交わします。

教育ローンの一般的なイメージは大学の学費ですが、それ以外でも、専門学校や高校などても利用できます。

仮審査は合格前でもする事が出来ますので、事前にかかる費用を計算して早めに申込みしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融
Sideline Mania
スポンサーリンク