積立NISAと新NISAの違いを解説

新NISA

 

積立NISAと新NISAは、どちらも日本の個人投資家向けの特別な投資制度ですが、いくつかの違いが存在します。

以下、積立NISAと新NISAの違いを説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

制度の目的と導入背景

積立NISAは、一定期間内の資産運用において得られる利益が非課税となる特典を提供する制度であり、個人投資家の長期的な資産形成を促進することを主な目的としています。

一方、新NISAは、株式の売却益に対する非課税枠を増やすことで、株式市場の活性化を図るために導入されました。

 

 

対象となる金融商品

積立NISAの対象金融商品には、株式や投資信託、上場投信(ETF)などが含まれますが、一部の投資信託に制約があることもあります。

一方、新NISAは主に株式に焦点を当てており、個別株式やETF、投資信託などを対象としています。

制度の期間と非課税枠

積立NISAの制度期間は通常5年間で、年間40万円(2021年度の基準)までの積み立てが非課税となります。

一方、新NISAは積み立ての制限期間はなく、個人の売却益に対して、年間で得られる非課税枠が最大100万円に引き上げられました。

 

 

取引制限と特定口座

積立NISAでは、特定の年に積み立てを行わなかった分の枠は繰り越すことができない一方、新NISAでは特定の年に利用しなかった非課税枠が繰り越し可能です。

また、どちらの制度も特定口座を開設して利用する必要があります。

利用条件と運用の注意点

積立NISAでは、特定の取引に制限があり、途中解約には一定の制約があることがあります。

一方、新NISAは特に取引に関する制約はありませんが、投資にはリスクが伴うため、慎重な運用計画が必要です。

制度の変更と政府の方針

積立NISAや新NISAの制度や非課税枠は、政府の方針や経済状況に応じて変更される可能性があります。

投資家は最新の情報を確認しながら、自身の資産運用戦略を検討することが重要です。

 

 

以上が、積立NISAと新NISAの違いに関する説明です。

個々の制度の特徴やメリット、デメリットを理解し、自身の投資目標に合わせて利用するかどうかを検討する際には、注意深く情報収集を行うことが大切です。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融
Sideline Mania
スポンサーリンク