住宅ローン控除について

スポンサーリンク

住宅ローン

 

住宅ローン控除という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

借入金額が多くなる住宅ローンは、返済期間も長くなるのが普通です。

短くとも10~15年、長い場合には20~30年といったあたりが普通ではないでしょうか。

住宅ローンを組んだ際、控除を利用すれば、わずかでもお金が手元に戻ってくることになります。

 

スポンサーリンク

 

ローンを組もうとする場合には調べてみた方がいいでしょう。

住宅ローンの控除と言うのは、いったい何なのでしょうか。

ローンを組む前にしっかり調べておくことをおすすめします。

住宅ローン控除は、ローンを組んで家を買った場合に、いくつかの条件を満たしていれば受けることができます。

購入、新築、増改築をした住宅で居住を開始した場合に、以後10年間所得税から還付を受けることができる制度です。

住宅ローンを組むと、元本・利息含めての家計への負担がたいへん大きくなります。

住宅ローン控除制度は、こうした返済による家計負担を軽減するため作られました。

 

スポンサーリンク

 

住宅ローン控除制度は住宅借入金等特別控除という名称ですが、一般に住宅ローン減税制度などと呼ばれます。

一般的に、ローン控除、ローン控除と呼んでいてなんとなくは知っていても、説明しろと言われるとわからないものです。

住宅を取得するためのローンを組む際には、こうしたローンから利用できる控除の制度を忘れずに利用することです。

ローンについてどういった条件を満たせば控除を受けることができるのか、あるいは所得税の控除を受けることができる金額はどれぐらいであるかなどを、きちんと調べることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融
Sideline Mania
スポンサーリンク